ストライダー!手組ホイール開始!ナローサドル作成!

今回サイクルパークトミーが以前発売していたトミークラウンを手に入れる
ことができました。詳しく言うと、そのハブを手に入れることができました。

このハブが軽い軽い。
今回は人生初のホイールばらしを行いまして、ハブの交換を行いました。

交換したのストライダー純正スポークホイールです。
このハブが激重です。ただの鉄です。

Daddy Labが発売しているX-Wheelも併せて比較しますが、

純正

X-Wheel

トミークラウンハブ+純正リム達

やばい、、軽い。X-weel高かったのに。

トミークラウンはベアリングが608ではなく、6000であり内径も外形もデカいです。
それがどう出るが今後組んでパイロットを搭乗させてみての楽しみです!!

ホイールは振りの調整が必須ですので、ハブ交換なぞ行うともう手に負えません。
そこでサイクルショップあさひへホイールを持ち込むと1つ500円で調整してくれます。
道具を揃えたり、納得のいく調整がでないことを考えると、プロに任せた方が良いと思います。

あと、これだけは行わないで勝ってやろうと思い続けていたのですが、もうやる時期がきて
しまいました。
それはこれ

ナローサドル加工です。

今まではDaddy labのカッコいいサドルをポスト付きで使用していたのですが、ある程度の
レベルまで来ると子供の脚力の効率的な伝え方というテーマに行きつき、、、結果こうなります。

効率はいいのはわかるのですが、やはりDaddylabのやつはカッコいいですね。ナローサドルも
好きですが、デザイン性は負けます。そして強度も著しく低下します。

これもパイロットが搭乗してどう変わるかが楽しみでもあります。

やり方はいろいろな人に聞いたところ、
1、ヒートガン  ⇒  持ってない
2、バーナー  ⇒  持ってるけど火力強すぎでは?
3、ドライヤー  ⇒ 弱い!!

ということで、私はチャッカマンを使用しました。

これが簡単かんたん!!こんなに簡単か!?今までやんなかったのがもったいなかったと
思うほど簡単にできちゃいました。
これが〇っちゃんだと実物を見ながらの購入という条件付きで1諭吉ですもんな!

皆さんも挑戦してみてください。

投稿者: setuna619

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です