ストライダー!新パーツ入手! & 4スタンス理論とレッシュ理論!!

久々に新しいパーツを購入しました。
そうです。
最近まで送料無料だったあのパーツです。
 
{F96D3746-B03D-4F67-B9BE-B5616BDC9F1D}

 

TOMY×OILES強化ブッシュ

 

{6788F851-1C15-4569-B506-EB26198F28DD}

 

がたつきを抑えられる秘密はこのゴム。

これがブッシュですね!

 

{9FE195E9-E733-4495-A351-10B4ACA73A9D}

 

体重測定!

 

{14AB3446-D15C-4C1F-9415-120D897B3991}

 

同じ!!

 

 

{DF5B470F-7952-4202-A29C-FD3544B0F4B9}

 

before

 

{C62599D4-1255-48B7-B487-09A155BAEF7A}
after
 
やっぱり付けた方がカッコいいですね!(笑)
 
以前このパーツを装着したパパよりハンドルが鈍くなったとの相談があり、今回装着をして感じたのは、パーツの精度が高いため遊びがなく、少しでも曲げて付けてしまうと抵抗が生じるということと、フロントフォークのゆがみによってもごまかせなくなる可能性が高いです。
しっかりとはまると本当に異音がなくなり、ハンドリングの俊敏性が向上します。
ナイスです!!
 
ここからは別件。
 
最近ずっと悩んでいる息子の進化の停滞さ。
徐々には進化していますが、周りの進化を見ると焦ります。
 
ビリーさんのブログでずっと気になっていて、勉強したかった「4スタンス理論」を少し勉強し、子どもに当てはめてみました。
するとびっくり。
私の運動特性と真逆であることが判明。
妻とは同じで、たびたび息子と妻が運動方法が通じやすいことがあり、それも納得。
 
私はA1クロスタイプなのですが、長男はB2クロスタイプ。
重心も異なれば手の押す位置も異なります。
 
試しにストライダーのスタート姿勢で簡単に実験。
後ろ脚に体重を乗せて、お姉さん指で踏ん張って、手は小指腹側で押してもらう。
 
激変。
 
今まですまんかった。
まさに真逆のやりづらい方法を身に付けさせていた可能性が高い。
 
4スタンスやレッシュ理論は意識させるものではなく、そういう動きがあるという親の知識で留め、それを伸ばす気持ちと練習で良いとのこと。
 
私の理論は運動学や解剖学による身体構造から導き出されるものであるため、こういった先天性の運動感覚に対しては別の知識が必要であることを改めて実感しました。
まだまだ伸びしろを発見しました。
RCS神戸、A決勝いくぞ!!
 
自分の試験もパスしなければ(;^_^A

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です