ストライダー タイヤ !! タイヤ !! タイヤ !!!!

先日購入し忘れて危うくパンクさせるとこだった、あの部品を購入してきました。
 

『バルブ穴スペーサー』

 

アメリカン(米式)バルブなど太いバルブ穴が開いているホイールリムにフレンチ(仏式)を使用する際に隙間を埋めるための部品です。

これがないとチューブの部分が直接バルブ穴に干渉しパンクの原因となりかねないので、フレンチを使用する方はお気をつけあそばせ(*´▽`*)

 

今回はすぐに欲しかったので、近隣に住んでいるチームメイトが購入したことがあるというスポーツ自転車専門店(個人店)に行きました。

こんなマニアックなパーツを置いているなんてかなりマニアが通っている店なんだろいうと構えていくと、優しくオジサマ対応してくれました。

しかもプラスチック製ではなくメタル製(アルミ製?)のいいやつ。

 

2個で500円で購入しました(^^♪

 

 

 

速攻体重測定!!

小数点以下は表示されないので不明(笑)

取りあえず激軽!!

 

 

 

シャーっプ!!!!!

でも、なんか、、見た目がアレですね。

一つ上の男って感じですね。

ちょっと、、いけませんね(笑)

 

今までずっとアメリカンだったので新鮮です!!

アメリカンとフレンチでは4g異なりますが、これがバランスを取る時には大違い。

鉛製の重しを貼っていきますが、重いアメリカンの方が修正が多い分、トータルでだいぶ重くなります。

フレンチに対応しているかつ狭小空間でも装着できるタイプのフロアポンプを持っていて、余分な部品を購入しても良いという方はふフレンチが良いかと思います(*‘∀‘)

 

 

とりあえず完成!

作業終了だ!!

わーい!!

 

だがしかし!!!!!!!!!!

 

キャツ(奴)が!!

キャツが海を越えて来たのです!!!!!

 

 

ほら!!!

丸いぞ!!!!

 

ほら!!
頭のいいみんなはもうわかったよね?
 
え?わからない?
ははは、バカだぁ(*´▽`*)
 
 
CST社製12インチタイヤ
『IRONKID』
 
発売され始めたことから気になっていたのですが詳細不明過ぎて手を出せず。
最近使用している方も増えてきて、少しだけ情報も得られたことにより己の知的好奇心が抑えられず無意識にポチリング。
情報では12×2.0でビッグアップルサイズなのにHSよりも軽くてDUROよりも重めという最近うちの長男に試したかったサイズ感と重量なのです!!!
実際に触れられない流通レベルなので人柱覚悟で購入!!!!!
 
さぁ皆のもの!!!存分に見てくれ!!!
 
リンゴちゃん(BIG APPLE)との比較。
中央のトレッドはとても似ている。
てか全体的に似ているが鉄子(IRONKID)の方がトレッドサイズがデカい。
 
サイドも似ているが、鉄子の方が溝が深い。
直線での転がりは同じようかもしれないけど、コーナーリングでは鉄子の方が粘るかもしれない印象。
 
では、お待ちかねの体重測定。
 
IRON KID 235g
 
BIG APPLE 256g
 
image
スリックタイヤ 198g
 
HS140 237g
 
DURO SUPER LIGHT ALL BLACK 217g
 
KID PLUS 319g
 
軽さ順にまとめると

1、スリックタイヤ 198g

2、DURO SUPER LIGHT ALL BLACK 217g

3、IRON KID 235g

4、HS140 237g

5、BIG APPLE 256g

6、KID PLUS 319g

 

てか、これ全部持ってるのか、、、変態だな。

 
 
はい。
早速組んでみました。
まぁ。見た目はスリックやリンゴと同じようなごつい系ですね。
 
いいね!!
 
ステッカーも変えました。
わかりますかね。

 

先日頂いたRun Bike,chの公式ステッカーです。

貼りたくて貼りたくて悩んだ末安パイなところに(‘ω’)ノ

トリコロールカラーでカッコイイ!!!!

 

どうすんだこれ(;’∀’)
タイヤ多すぎ、、、。
 
明日チームメイトとの夕練の予定なのでシェイクダウンです。
私は仕事なのでは早く終われば少し見れるかも。
ぜひ見たい!!!
 
明日仕事でイレギュラーおきるなよ!!
 
エンジョイ!!ストライダータイヤ談義!!!
 
 

 

投稿者: setuna619

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です