ストライダー フロントフォーク のガタツキ解消!!

ご無沙汰してます!
更新していなくとも多くアクセス数があり、たくさんの方が見に来てくれていることに嬉しく思います!
ブログの情報はバンバン利用して下さい(๑´ڡ`๑)
(できれば転売以外で)
 
さて、昨今様々な高性能フレームが誕生し、フロントフォークがガタつくというストライダーあるあるは軽減してきてますね(*´ω`*)
 
でもやはり、私のように金欠&天邪鬼はなかなかガタつくからと高性能フレームにはいけないのです(´;ω;`)
 
ヘッドパーツも解決の道ではありますね。
でも冷静に考えればやはり高い。
ロードバイクの部品と比べてもストライダーの部品はどれも高級品です(^_^;)
しかも個人的にはあれほどのぬるぬる動くステアリングまでは欲してないので、もっと安価で軽量なのが良いのですよ!
 
なので車体はストライダー派でかつ庶民派の方にご紹介したいのがこちら!

ジャーン!!
フロントフォークガタつき改善工具!!
総額250円!!
 

上の物が完成形。
トップキャップを入れてあります。
ストライダーに使用するステムアダプターは真ん中に穴があるものと無いものがあります。更に、ネジ山が切ってあるものと無いものがあります。
穴があるのは臼型の固定構造のものか、トップキャップを取り付けられるためのものであり、大体M6サイズです。
今回は穴があり、ネジ山があるなし両方の話です。
材料としては
 

ベースとなるM6サイズかつハンドル部分を貫通できる22センチ以上のネジです(๑´ڡ`๑)

これは下の部分を止めるためのもの。
ただのナットとワッシャーでもいいんですが、これの方が安かったので(*´ω`*)
 

これは上から締め込むとき使います。
 

トップキャップは何でもいいです。
Amazonの安いのでいいと思います。
持ってる人は持ってるのもので!
 

ぶっちゃけワッシャーでもいいんです。
付けっぱなしにする部品ではなく取り付け過程に使う工具ですので上から押さえつけれれば何でもいいんです(笑)
 

私のはこんな感じです(*゚∀゚)
なんか、指がセクシーですね(笑)
 

いつ手に入れたかわからない謎のトップキャップ(笑)
 

 
では!
使ってみましょう!!

 

未だかつて効果を感じたことのない謎のボルトを外します。
 

ステムのボルトは完全に緩めます。
ここを緩めないと上からの圧が下にかからないので意味がないものになってしまいます。
 

ボルトが下から出てきたら板付きナットを入れます。手で閉まる程度でいいです。
※締めすぎ注意!
ネジ山があるタイプのステムアダプターならばこの段階でステムアダプターとフロントフォークはかなり安定しています。
 

今度は上から締めます。
※締めすぎ注意!!
今度はフロントフォークからステムまでが安定します。
本当に固定するわけではないので軽くで十分です。
そして、ステムのネジをしっかりと固定し、最後に工具一式を取り除きます。
 
少し強く締めただけでこんな感じになります(-_-;)
 

はい、動かない(笑)
 
ちょうナットはくるくるくると入って止まったところからほんの少し締める程度で十分な固定となります。
 
個人的にはニードルベアリングが必要ですねぇ。
末っ子号にはまだ要らないと準備してなかったので今度つけようと思います(^_^;)
これだけ圧を掛けてしまうとシリコンスプレーだけでは摩擦が強くてやや逃しきれてないです。
また、プラスチック部品のクオリティも不安定なのでその面からもニードルベアリングに用いる鉄製品の安定性が良いですね!
 
長男号も穴が空いてるステムアダプターに変えようっと!!(笑)
 
 
エンジョイ!!ストライダーイジり!!
 
ちなみにパパはフレームを変えました(笑)
 

クロモリの鉄から
 

フルカーボンです!!
 
でもストライダーのカーボンフレームより安いという現実、、、
なんでやねん!!(笑)
 ※中古で購入したらの話です!

早速ヒルクライムレースへ参戦&完走!
去年より順位アップ!
いづれ子どもと参加するために鍛えておこっ!
(小学3年から参加可能)

投稿者: setuna619

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です