2017/7/29~30 RCS 富山ラウンド 結果

 

RCS 富山ラウンドに参戦しました。

第1戦 ソレイユの丘以来約半年ぶりのRCS。

ソレイユではさんざんで、子どものメンタルのためにしばらく修行してから来ようと決めてから半年。

この日のために練習を重ねてきましたが、どうなることか不安でいっぱいでした。

 

 

{FBDB2698-52E3-466F-B798-BA84D7AEE079}

 

 

 

 

 

 

1日目

 

他の選手たちの実力の高さに脱帽・絶望。

ワンミスで順位転落となりかねないギリギリの戦い。

パパの心拍数が上がります。

 

カオル(4歳クラス)

結果

予備予選 7位

本予選 7位

D決勝 3位

 

思っていましたが、ゲートに並んでみて確信に変わりました。明らかにスタートが遅い。

スタート直後でタイヤ一つ分、その後の5歩程でストライダー一台分近く離されてしまっています。

スタートが大事なのは重々承知していますが、選手の技術の高さに再び衝撃。

巧い子が何人かいるというレベルでない。アベレージが高すぎる。

ここでまず1つ課題

 

ただし、その後の中速から高速は距離を縮められているため、悪くはないが、抜ける選手をかわして抜くという技術がなく追走でとどまってしまう。

ここで更に1つ課題。

 

内心目標はB決勝だったため、パパは大変落ち込みました。

子どもに気づかれないよう落ち込んでいましたが、おそらく気づかれています。

RCSに参戦していないということは、全日本のレベルを肌で感じていないことで危機感が全く異なるのだと思います。

楽しいだけでは会得できない技術。それを楽しんで身に付けているのであれば、他の親御さんは立派です。

気づけなかった、伝えられなかった私のなまけや子どもへの甘えになります。

そう思うと悔しすぎて泣きそうです。

 

フレンドリーカップで本戦の負のオーラを払拭し、明日への勢いをつけてほしいと思い、付け焼刃になってしまいますがスタート練習してから参戦。

 

フレンドリーカップ

結果

予選 1位

決勝 ビリ(転倒)

 

テンションが高まった状態で参加でき、勢いがあり走りは上々、表彰台に乗れるレベル。

そんな中での決勝転倒で号泣。

カオルのメンタルを上げてあげたいが、本人も思うように結果が出なかったことに落ち込んでいる。

帰り道に愛するFU-JIN創造主のフリークさんへ挨拶によるとフレーム修正中。

え!?やってくれるの!!??

今は時間がないので2日目にお世話になりました。

 

{6DD46DFD-8575-45F2-A6B0-EC6E114C10C6}
本気で職人さんです。
ギザカッコヨス!
 
{BCDC276D-AC29-4A85-980F-D6F325E75FA1}
ライダーも一緒にパシャリ。
この後修正を待たず椅子で就寝。
体力使い果たしたようです。

 

 

その後子どもの気持ちを2日目に備えるため、遊園地でフラストレーションを発散し、今夜の宿へ。

2日目

 

この日は長女も走ります。

長男が走ればもっと走りたがるかと思いましたが、思いのほかそんなことはなく、少し不安な始まり。

 

 

{E541655F-F963-4C9F-9CA5-282D76C59CA4}

 

 

 

 

 

スミレ(3歳クラス)

結果

予備予選 ビリ

本予選 ビリ 

予選敗退

 

初めてのRCS、元々モチベーションは高くないが、会場の雰囲気に気圧されさらにモチベーション低下。

なんとか走るも覇気がない。

ゲート前で拠点へ戻ってママに会いたいと言い出す始末。

地元の大会ではなかなかそこまではならないが、RCSの雰囲気とパパの余裕のなさが伝わってしまった可能性が高いです。

長男がストライダーに乗り始めた年より低いため、今は楽しさ優先でいてほしいですが、少しつらい思い出になったかもしれないと親のかかわり方に反省。

 

カオル(4歳クラス)

結果

予備予選 5位

本予選 7位(コーン引っ掛かり)

D決勝 2位

 

昨日よりもスタートが良くなるも、他の選手に一瞬出遅れは残存し、第一コーナーへ行くまでに差を詰められない。

C決勝は手堅いと思っていましたが、後半のコーンに引っかかり転倒しそうになり順位転落。

号泣しながらゴール。本当に今大会は長男に悔しさを与えてくれます。

その後D決勝ではカオルができる最高の走りをしたにもかかわらず下剋上にはなれず。

 

フレンドリーカップ

結果

予選 2位

決勝 5位

 

スタートの遅さが命取りのショートコース。まんまとそれであらわになった結果。

長男は4歳になったころからライバルたちに徐々に差を付けられ、今大会ではすでにライバルと呼べないほどの差を感じさせられました。

 

完全に露呈したカオルに足りない要素。今後の課題。

 

気持ちを整理して書いたのがこの

ストライダー動作分析そのに『強く、速く、長く蹴るために』

です。

長男のための私のメモみたいなものです。

 

スタート技術の獲得、追走時に抜くためのポジションは必ず習得したいものです。

それらに加え、蹴り方の改善と強化もしなくてはなりません。

現在フォームは悪くない、ピッチも悪くない、でも一発のパワー感がないし、スピードが伸びない。

プレッシャーにならないよう、極力エンジョイスタンスで行きたい。

みんなでやるストライダーは楽しいのです。だれかが辛くなってはいけません。

 

ストライダーが大好きで、楽しいのは大大前提として、

実は今は少し苦しいです。(;´・ω・)

伝えたことを再現してくれているのに上に行かせてあげられなかった。

そんな責任を感じます。

 

だから、今回の課題をクリアして、強敵(とも)に追いつくぞ!!!

カオルならいける!!パパに任せろ!!

目指せA決勝!!

 

帰り道に水族館でお遊び!

 

{AC036514-FEFD-44A1-8860-D128FDA4B449}

三兄弟みんな小さい貴重な時間。

みんな大きくなっちゃうんだよなぁ。

 

{6615B375-EEDC-4495-BA55-BB6641E5DB75}

 

かわいい。

 

{B4216BAD-EC44-4E91-81E5-2577F0C62675}
海もよってから帰りました!
ホタルイカミュージアム行ってみたかったなぁ。

投稿者: setuna619

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です